鬼門街巻数を13巻で読むならこのサイトが最強?漫画村、zip、rarとは比べものにならない?

2019年8月2日

 

鬼門街巻数を13巻で読むならこのサイトが最強?漫画村、zip、rarとは比べものにならない?

「永田晃一」先生による大人気漫画『鬼門街』。

母親を何者かに殺され、チンピラに半殺しにされたマサトの前に突如として現われた「鬼」豪鬼。

彼にに魂を売ったマサトは強力な「鬼の力」を手に入れ、様々な事件と遭遇していく。

一方街では虐待を受けた少年が鬼憑きをなり、いたずら目的で近づいた男を瀕死に追いやり…!?

 

そこで今回は、

鬼門街巻数を13巻で読めるサイトはここが最強?漫画村、zip、rarとは比べものにならない?

について見ていきたいと思います。

『鬼門街巻数』の感想・見どころを紹介!

鬼門街巻数の読者の感想

・漫画 鬼門街 14巻
ハラハラドキドキな展開!早く続きが読みたいデゴザル(σ・ω・)σ

・ヤングキングで連載してる『鬼門街』が面白過ぎる!!
もともと『Hey!リキ』は読んでいたのだが、鬼門街のストーリーとか人、鬼の描写がすごく秀逸で、一気に読んでしまった。

・単行本で追ってるけど鬼門街急に面白いな

・鬼門街 毎回かなり楽しみにしてる漫画です(´・_・`)
ジョジョのスタンドに少し似た感じで戦う漫画です。
いろんな人に読んでもらいたいので、紹介してみました、ハイ

・鬼門街おもしろい

・鬼門街 なるほどそうきたか。うめえ。

・鬼門街オヌヌメおもろい

・鬼門街…今日は1日読み返してた(笑)
やっぱおもろい(>_<)

・鬼門街って漫画にとってもハマった。

・鬼門街早く続き読みたい

・鬼門街って漫画作者さんがバンド好きなの推せる笑

・鬼門街、めちゃめちゃスローリーに進むけどくっっっっっそ面白いんよなぁ

『鬼門街巻数』は13巻の漫画村やzip、rarで全ページ読むことはできるの?

『鬼門街巻数』を完全13巻で読む方法!

と、言われましても、一体どうやって完全13巻で読むのか、いまいちイメージできませんよね……。

 

そこで、もしかしたら、

漫画村」や「zip」「rar」といった違法サイトを使用して、読むんじゃないか?

そう思われてしまっているかもしれませんが、実は、「漫画村」や「zip」「rar」を利用する方法ではないありません。

 

と、いうよりも、「漫画村」や「zip」「rar」は、利用したくても、現在ほとんど利用することができない状態なんですよ。

なぜなら…..

『鬼門街巻数』を13巻読破の神様・漫画村で読めない理由

『鬼門街巻数』を「漫画村」で読めない理由…..

 

それは単純に、あなたもご存知の通り、漫画村は現在、完全にサイトが廃止されているからです。

漫画村は、その圧倒的違法性から、ネット上で大きく話題になっていたり、国がかりでコテンパンにされたりと、2018年4月11日には、もう跡形もなく消え去ってしまったわけなんですよ。。。

 

……まぁ、そもそも漫画は、13巻で読むものではなくて、お金を出して読むものですからね^^;

とはいいましても、今回ご紹介する方法は、『鬼門街巻数』を完全13巻で読めてしまう方法なんですけどね(笑)

 

もちろん、圧倒的すぎるほど合法ですので、ご安心を(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

あっ、そこで、

なんで、zipやrarでは鬼門街巻数を13巻で読むことができないねん!!!

と思われてらっしゃる方もおられると思いますので、「zip」や「rar」の現在の姿について少しご紹介させていただきます^^

『鬼門街巻数』を違法性抜群のzipやrarで読めない理由

『鬼門街巻数』を「zip」や「rar」で読めない理由…..

 

それは、「zip」や「rar」の機能性が低レベルすぎるからです((((;゚Д゚)))))))

どういうことかと言いますと、まず、そもそもとして、スマートフォンでは、「zip」や「rar」って読むことできないんですね。

 

………にゃにゃにゃんと!(´⊙ω⊙`)

といった感じですよね。(笑)

 

そこで、なぜ「zip」や「rar」では、『鬼門街巻数』を13巻で読むことができないのかといいますと、

「zip」や「rar」は圧縮されているファイルだから解凍しなくてはいけない

スマホには、解凍ソフトが入っていない

という究極の2つの条件が揃ってしまったからです。

ですので単純に、「zip」や「rar」では、『鬼門街巻数』を絶対に13巻で読むことができない、というわけですね。

 

ということで、『鬼門街巻数』は、

「漫画村」や「zip」「rar」といった“日本を代表する大手違法サイト”で、令和現在では、13巻・有料問わず、読破することができないということになります。

 

電子書籍・漫画好きからしたら、悲しい現実ですよね…….。。゚(゚´ω`゚)゚。(笑)

 

しかし、安心してください。

『鬼門街巻数』を完全13巻で読む方法は、令和現在になっても普通に存在するので。

ということで、早速その方法について、ご紹介していきますね♪

『鬼門街巻数』を完全13巻で1分後から読むならこのサイトが最強です

 

まずですが、『鬼門街巻数』を13巻で、読もうと考えた場合、

候補に上がるサイトというのは、大体この2つと決まっています。

 

そして、『鬼門街巻数』を今すぐ完全13巻で読むには、令和現在では、2つの内の1つである、“ここのサイトしかない”とまで言われているんですね。

 

では、その2つのサイトについて早速みていきたいのですが、それらは、

eBookJapan

U-NEXT

という2つになります。

もしかしたら、お聞きしたことはあるのではないでしょうか??

 

そこで、この内のどちらかで、『鬼門街巻数』を漫画村やzip、rarの力を使わずに完全13巻で読むことができる、ということですね。

それでは、この2つのサイトについて、簡単に比較していきいたいと思います♪

 

eBookJapan

・電子書籍配信数
→50万冊以上

・配信雑誌数
→400誌以上

・13巻体験期間
なし

・登録時にもらえるポイント
0ポイント

 

U-NEXT

・電子書籍配信数
→33万冊以上

・配信雑誌数
→70誌以上

・13巻体験期間
あり

・登録時にもらえるポイント
600ポイント

 

はい、ということで簡単に「eBookJapan」と「U-NEXT」について比較してみたのですが、

結果、、、、、

U-NEXT」の完全勝利ですね^^

 

つまり、今すぐ『鬼門街巻数』を完全13巻で読むことができるのは、「U-NEXT」だということです♪

……..

 

…………………….

 

「ちゃんと説明せいやーー!((((;゚Д゚)))))))」

と、怒られてしまいそうなので、なぜ、「U-NEXT」の勝ちであり、しかも『鬼門街巻数』を完全13巻で読むことができるのか、その理由について、これから簡単にご説明してきますねᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

まずですが、「eBookJapan」も「U-NEXT」もどちらも、『鬼門街巻数』を読もうとするならば、必ず有料のポイントが必要になってくるわけなんですよ。

つまり、『鬼門街巻数』を書店で買うときと同じ値段がかかるということですね。

 

そこで、そう考えました際に、まず、「eBookJapan」だとポイントをもらうことができませんので、もう、その時点で、『鬼門街巻数』を13巻で読むことができないわけなんですよ。

しかし、「U-NEXT」の場合、登録時に600円分のポイントの13巻で全員もらうことができるため、『鬼門街巻数』が13巻で読めてしまう、ということです。

 

かなり太っ腹なサービスですよね(><)

 

そして、続いてなのですが13巻での利用に関してですが、実はどちらも、本来有料のサービスなんですね。

月額で料金がかかってきます。

 

そこで「eBookJapan」をみてみますと、サービスの13巻体験期間というものが設けられておらず、初月から費用が固定で発生しまうわけなんですよ。

 

ですが「U-NEXT」は、そこも徹底されていました。

 

なぜなら、「U-NEXT」の場合、31日間13巻お試しキャンペーンを実施しており、さらに期間内に解約してしまえば、料金が一切発生しないんです。

 

恐ろしいサービスですよね(笑)

 

ちなみに、“期間内の解約で料金はしません”ということは、「U-NEXT」の公式も自ら発表していることでもあります。

 

そして、そんな「U-NEXT」では現在、

アニメ映画ドラマの新作・旧作合わせて、14万作品

さらに、今回のメインである、電子書籍計33万冊という超膨大な作品が配信されている、

のにも関わらず、31日間13巻で使い放題ですので、もう使用するこちらにとっては、もうメリットしかないわけなんですよ(笑)

 

解約方法も電話ではなくて、サービス内から、1分ほどの簡単な入力だけで、できてしまうので、

「解約のし忘れ・やり方が分からない」なんてことも一切ありません。

 

ですので、単純に『鬼門街巻数』を完全13巻で全ページ読んだり、アニメ、映画、ドラマを楽しんだりするだけの極楽サービスですね♪

また、他にも色々な作品を楽しむことができますよ^^

それでは、今から1分後に、『鬼門街巻数』を完全13巻で全ページ読み始めたい、という方はぜひ試してみてください♪

31日間無料キャンペーンを体験する

漫画

Posted by たっくん